【重要】大学生は1度休学すべき!【休学しない方が不利です】

Thought

こんにちは。あっきーです。
早稲田大学を退学して4年間留学に行く予定の人間です。

大学生活が不満な学生
なんか大学生活って理想と全然違って不満だらけだなぁ。このまま過ごすのも不安だし、休学した方が良いんかな?

今回はこの悩みを解決したいと思います。

僕は早稲田大学の理系の学部に在籍していたんですが、大学2年生のときに半年休学をしましたが、休学して留学を決意することもできたり、その結果退学をすることになったりと、見えることもいろいろありました。

休学を経験したものとして休学をすべきかどうかお話していきたいと思います。
最後まで読んでいただけると、休学を恐れずできるようになったり、休学という選択肢を1つ持つことができるようになります。

結論:大学生は1年休学をすべき

休学して思ったのが、間違いなく休学はした方が良いです。

体験として休学した期間に様々なことに触れることができましたし、今の時代を見ても大学の価値が下がっている以上、休学はメリットしかないです。

休学するメリットとして、僕の体験と今の時代の2つの観点からお話したいと思います。

休学すると大学でやらないことができる

僕は休学中に本当に様々なことをしました。

  • 受験ブログ運営
  • 120万円のセミナーに参加し英語コーチを始める
  • ある起業家の元でインターン
  • webプログラミング
  • webデザインの勉強
  • YouTubeでVlogを始める
  • 料理
  • ギター
  • ゲーム制作

それぞれを詳しく説明していると日が暮れてしまうので、詳しくは別の記事で話したいと思いますが、大きく2つのことができました。

  • ビジネス
  • 好きになれるもの探し

ビジネスを始めて「就職をしない」という選択肢を持った

僕はビジネスについては、さっきのやったことリストのうち、上5つをやりました。
受験ブログで教材を売ってお金を稼ぐ、英語コーチとして英語を教えることでお金を稼ぐ。
そういった「お金稼ぎ」に向き合っていきました。

実際に、ブログと英語コーチでは利益を達成することができました。

  • ブログでは最高月7万の利益。PVは4万超
  • 英語コーチでは1人のお客さんで10万円の利益

上が教材を販売して出た売り上げです。下がPVです。

「利益化」という面では成功しました。

もちろん、これで生きていけるわけではありませんが、今まで就職と研究しか道を知らなかった僕には個人で生きるという道を教えてくれたいい体験でした。
休学という道を選ばなかったら当然なかった体験です。

自分が「好き」と思えるものを本気で探すようになった

また、ビジネスをやってみて思ったのが、本当に自分が好きだと言えるものを持つべきだということです。

ブログや英語コーチをやってみて確かに結果は出たんですが、正直これ自分がやりたいことじゃないなと思ったんですね。

受験なんて高校を卒業した人ならだれでもできますし、僕より東大に受かった人が教えた方が価値が高いですよね。
英語コーチも留学行ったり現役で英語を教えている人がやった方がいいわけです。

しかも、好きでやっているかと言えばそうでもないです。お金稼ぎとしてすべて振り切っていますから

そして、「あれ?全然自分が好きなことってないな」となったんですね。
そこで、今まで無縁だった料理だったりギターだったりゲーム制作だったりと、ある種「趣味」のようなものを本気で探そうと思いました。

大学生活、というより今まで生きてきてそこまでそういえば考えてなかったので、それに気付けたことが良かったです。

結果的に留学を決意することができた

そして、このような経験もあって、僕は留学を決意することができました。
大学1年生のときは何となく行きたいと思っていたんですけど、英語力もないし結局諦めたんですね。
大学の交換留学ってちょっと気が重かったりしますし。

ですが、休学をしてそれこそ英語コーチなどを通して英語力を上げることができ、TOEFLで入学基準の点数を取ることができました。
また、交換留学ではなく正規留学の道を知りそれを決断することができました。

さらに、「留学してビジネスを始めてインフルエンサーになる」という留学目標も持つことができました(当初は)。

まだ留学には行ってませんが、おそらく自分の人生を変えるであろうこの道に行く決意をできたのは非常に大きいことでした。

僕の休学体験まとめ

以上が僕の体験からの休学のメリットです。まとめると…

  • ビジネスを始め利益化を達成することができた→個人で生きる道を知る
  • 本当に好きなものに目を向けるようになった→今まで考えなかったことを考えるきっかけを得る
  • 留学を決意することができた→臆病だし何となく行きたいと思っていたものが現実になった

今の時代、特出したものを持つ人が圧倒的に強い

次は今の社会からみた休学のメリットです。

今、社会が求めているものは細かく言うときりがないかと思いますが、ざっくり一言でまとめるとこうです。

代替不可能な「個」を持った人

つまり、自分の信念を明確に持っていて、それをブラさず生きているような人ですね。
ちょっとわかりにくいので深掘りします。

「学歴」の価値はすでに下がっている

今の時代、もう学歴の価値はかなり下がっています。大学の価値自体が下がっているからです。

さっきの僕の例でもそうですが、大学ではブログやYouTubeや英語コーチみたいなことは教えてくれませんよね。
あくまでも、学問としての何か、もしくは研究のために必要な知識しか教えてもらえません。

でも実際に僕がブログなどをやった結果、大学で学んでいかせたものはゼロに等しいです。
会社で働こうと、個人で生きようと同じだと思います。

となればやはり休学して何か大学で経験した方が絶対に良いと思います。

  • 早稲田大学ではバイトを4年間頑張りました。サークルでは代表も務めました
  • 明治大学在籍中に1年休学して、YouTubeをやりました。マーケティングの解説をテーマにしていて、登録者は5000人です。

正直学歴は早稲田の方が高いと思いますが、下の人の方が魅力的に見えますよね。

特出したスキルを持つ人は魅力的

上と同じように、スキルに関しても言えます。

  • 大学では勉学に励み、大学内では成績TOP10に入りました
  • 在学中にWebプログラミングを勉強し、月20万稼いだ経験があります。

確かに、大学で成績トップ10に入ることも素晴らしいんですが、やはり下の方が魅力的かと思います(もちろん分野によりますが)。

何が違うかというと、一番大きいのはスキルの希少性です。

「大学で成績トップ10」というのはぶっちゃけたくさんいますよね。
「Webプログラミングで月20万」というのは、「大学で成績トップ10」よりも圧倒的に成し遂げてる人が少ないです。
「大学生」×「プログラミングをやっている」×「20万稼ぐ」って考えたら敷居が高いので人数も少ないですよね。

もちろん社会で使えるかどうかというのもありますが、今の時代この「希少価値」というのはかなり重要視されます。

自己分析を深くやった人は核がはっきりしている

そして、今お金が払われる対象が「人」だったり「コミュニティ」だったりします。
前までは、「クオリティの高い商品」や「誰も知らないノウハウ」などのモノにお金は払われていたんですが、今は「オンラインサロン」や「クラウドファンディング」にお金が払われている傾向があります。

これは、技術の進歩で商品がどれも高品質低価格が当たり前になってきたり、インターネットの普及で「誰も知らない」という状況が無くなったからです。

そして、「〇〇さんを応援したい」だったり「この人が好きで、この人がいるコミュニティは居心地がいい」といった感情が社会的に大きくなっているからです。

じゃあ「人」の価値は何で決まるかというと、「信念」です。

例えば、エンタメ業界でトップに君臨するキングコング西野亮廣さんの信念はこれです。

エンタメで世界一を取る

めっちゃカッコいいですよね。「え?世界狙っちゃうの?応援したいな」と思う人もいると思います。
「エンタメで世界一」ってすごくはっきりしてますし、これをずっとブラさずに活動されている西野さんだからこそ、「えんとつ町のプペル」というたくさんの人が応援する作品を作られたり「6万人のオンラインサロン」を運営されているんですね。

僕らも同じです。就活だけの表面的な自己分析ではなく、休学してでも、そして大学在学中でも常に自分と向き合い自己分析して、確固たる信念を持った人こそ本当に社会が欲しくなる人なんだと思います。

自分にしかないものを持ってる人が強い

まとめると、社会的には「自分にしかないものを持ってる人が強い」ということです。
もう、ブログやYouTube、SNSを見ても同じようなことやってる人多いですよね。誰でもマネできちゃうんです。

表面的なスキルだけではマネされますし、信念だけ持っていても結果がないと誰も気に留めてくれません。
「自分だけの世界観(信念)× それを具現化する(スキル)= 代替不可能な価値」だと思っています。

これを手にするためにも休学は確実にした方がいいわけです。

もちろん休学は甘い蜜じゃないです

ここまで、話しておきながらあれですが、休学は誰もが成功する道ではありません。

実際僕も、休学して(今は退学して)もう1年近く経ちますが、理想の成功を手に入れたかというと全くです。

全然努力できていませんし、そのぶん結果も出ていません。
スキルもあまり身についていませんし、信念もふわふわしている状況です。

現実はこんなもので、休学しても9割は挫折するのかなと思います。
休学は大きな学びもありますし良い経験にもなりますが、成功するには在学中以上の努力をしないといけないのは絶対です。

人ほど挑戦も努力もできず結果が出なかった僕が痛いほど実感することです。

休学する前に今から1つ始めよう

そういう休学のリスクを抑えるためには、休学する前の今、何か1つ取り組んでみるというのがオススメです。

これは正直何でもいいと思いますが、僕はビジネスを始めてみるのがオススメだと思います。
自分でお金を稼ぐという経験をしてみるのが良いです。僕も最初はそうだったので。

ブログでもYouTubeでもプログラミングでも何でもいいです。何か1つやってみて合うものを休学中も続けるスタンスで行けばうまくいきます。

ブログについては以下を参考に。

また、プログラミングについては「Skill Hacks」というものが非常におすすめです。
プログラミングスキルを身に付けて実際に稼ぐところまで行けるということでかなり評判が良いです。プログラミングをやってみたいという方はぜひ。
SkillHacks(スキルハックス)

人気記事現役大学生が告白!大学生がブログを始めるのをオススメする理由

人気記事WordPress(ワードプレス)の始め方【初心者でも15分で開設】