休学や退学して起業しても成功しない【体験して思う失敗しない方法】

Thought

こんにちは。あっきーです。
早稲田大学を退学して4年間アメリカ留学に行く予定の人間です。

休学をしようと思う大学生
大学あんまり意味を感じなくて、休学や退学して起業とかしちゃって成功したいなあ。

今回はこの悩みを解決していきます。

僕は大学2年生の秋から休学をし、3年生で退学。学校に行ってない時間は1年になろうとしています。
今の世の中、起業したいとか思う人ってかなり多いと思っていて休学や退学という選択を考える人も増えているかと思います。

そこで、休学や退学で本当に成功できるのか、僕の体験談からお話したいと思います。

結論:休学や退学しても9割は失敗します

いきなり酷な結論ですが、休学や退学をしてもほぼ失敗します。
結構キラキラな起業家とかフリーランスなどの「成功者」の方は、

いわゆる成功者
いやぁね、大学1ヶ月くらいで「大学意味ないな」って気づいて、退学しちゃって自分でビジネス始めたら成功したんだよね

というストーリーをやたら持っているように思います。「学校意味なし → 辞める → 成功」っていうストーリー何万回も聞きます。

とはいえ、鵜呑みにするのはちょっと危険ですね。

僕も休学・退学の1年間は失敗に終わりました

僕も例外じゃなく、この9割に入っていましたね。

僕は今までよりはるかにいろんな挑戦をしました。
ビジネス面で言えば

  • 英語の勉強して英語コーチを始める
  • 受験ブログを作る
  • ある起業家の元でバイトという形で働く
  • webプログラミング・webデザインに取り組む
  • YouTubeを始める

自分探しという面で言えば

  • 料理
  • ギター
  • ゲーム制作

他にもありますが、「お金を稼ぐ」「好きなことを探す」という2つのことに取り組むことができました。

「利益化」という面では成功した

ビジネスに関して、「利益化する」という観点で見ると一部成功したものはあります。

  • 英語コーチ→TOEIC510点から4か月で対面レッスンを行えるようになり、10万を稼ぐ
  • 受験ブログ→半年でPV4万、最高月7万円を稼ぐ

ブログについてはこんな感じ。ここまでは何とかうまくいきました。

休学(退学)中に努力ができなかった

しかし、そのあとが問題でした。

  • 英語コーチ→あんまり意味を感じず辞める
  • ブログ→あまり意味を感じず辞める
  • 起業家の元でバイト→嫌すぎて逃げる
  • web制作→1ヶ月半ほどでやめる
  • YouTube→半年経って、登録者数88人

とにかく続かないでやめました。そして別のことに移っても結果にコミットできずに挫折しました。

YouTubeに関しては残酷な結果しか残ってなくて、今もやっているんですが半年(100本の動画)で

  • 登録者数80人(うち70~80は非アクティブの外国人なので増えたのは10人程度)
  • 視聴回数は平均10(1桁のときもあればゼロのときも)

さすがに大問題だよなと思っております。

結局、1年間の休学と退学を通してたどり着いたのはダラダラと自分探しに時間を費やすという毎日でした。はっきり言ってクソ雑魚です。

休学と退学で成功をする方法

ただ、失敗を経験したことで、逆に「こうすればもっとうまくいったのかな」と思うこともありました。
それを教訓として教えます。

休学や退学して成功するには2つのことを意識しましょう。

  • 好きなことを「本気」で探す
  • 結果にコミットする

この2つです。

好きなことじゃないと続きません

おそらくビジネスを始めるときに、ブログやYouTubeやプログラミングを頭に浮かべる人は多いかと思います。
その際に、好きじゃないものをやっても基本的に続きません。

プログラミングが嫌いなのにプログラミングを頑張っても辛いだけですし、プログラミングが好きな人と戦えば間違いなく負けます。
好きなことでないと生きていけないのが今の時代だと思いますね。

大学生活であまり好きなことを考える人っていない

大学生活を送る中で、多くの人が自分の好きなことを自覚していない人がほとんどだと思います。
いきなり「好きなことなんですか?」と言われて答えられませんよね。

学校行って勉強して、サークルではしゃいで、バイト行って、疲れて寝る。。。

そういう生活してたら自分が好きなことなんて分かるわけもないんですね。

なので、休学や退学をするのであれば、自分の好きなことを「本気で」探すことを心がけましょう。

まずはやってみる

好きなことを探す際に僕が思うのは、まずやってみるということです。
「好きじゃない=やったことがない」というケースは非常に多いので、やってみてちょっと続けてみて合わないと思ったら別のことに移ればいいと思います。

僕はこれができず、「誰かがやっているから自分もやる」というスタンスで突き進んでしまったのでうまくいきませんでした。

結果にコミットしないと精神もお金もすり減ります

また、結果にコミットすることも忘れずにしましょう。

僕もそうなんですが、結果に本気になれない人って多いと思うんですよね(意識高い系学生に見られるかと)。

「過程が大事」とか「まあ、成功できればいいかな」といったふわふわした状態だと努力もできませんし、結果もついてきません。

過程が大事なのは確かなんですが、結果がないと誰も見てもらえません。
なので、結果に本気になった方が良いです。

具体的に達成するものを決める

結果が出ないパターンとしてあるのが目標が雑すぎることです。
例えば「成功したい」って非常にわかりにくくないですか?成功って広すぎるし、「そもそも成功って何?」みたいな。

これだと結果にコミットできなくなります。
「月30万稼ぐ」とか、もっというと「海外で過ごすために月30万稼ぐ」のような具体的な目標があると結果に本気になれます。

毎日コツコツやること

それから、毎日コツコツやることを欠かさずに。
休学や退学はひとりになる分、自分でやる環境を整えないといけません。

毎日やらないと結果は出ないので必ずやるための環境を作って作業しましょう。

改善をしていきましょう

また、常に改善意識を持つことです。

いくら成功者のマネをしても結果はあまりついてきません。どこかで伸びない部分が出てきます。
その際に必ず改善をするようにしましょう。

データと向き合ったり、過去の活動でダメな部分を洗い出して次に生かすことを常に心がけるべきです。

ブログや英語コーチをやったときはこれらができていたので結果が出ました。
一方、プログラミングやYouTubeはダラダラとただやるだけになってしまっていたので半年たっても変わらない状況に陥ることになりました。

ここは本当にやった方が良かったと反省しています。

休学や退学は良い体験になります

休学や退学は失敗するという話をしてきましたが、それは何もしなかった場合です。
挑戦していけば必ず成功するものだと僕は思います。

そして休学や退学はめちゃめちゃ良いものです。
大学では体験できないことをすることができますし、自分に向き合う時間も確保することができます。

休学や退学は失敗するかもですが、長い目で見たときに必ず良い体験になると思います。

実際、僕も今は失敗に終わっていますが、「これができなかった」というデータは取れましたし、挑戦をたくさんして一部成功した部分もあるので貴重な体験だったのは変わりないです。
そしてこうやってブログを書いているわけですから、休学と退学を後悔は全くしてませんね。

なので、「失敗するかも」とおびえている方は、ちょっとだけ思い切って休学をしてみるといいと思います。

それでは、また。

ブログについては以下を参考に。

また、プログラミングについては「Skill Hacks」というものが非常におすすめです。
プログラミングスキルを身に付けて実際に稼ぐところまで行けるということでかなり評判が良いです。プログラミングをやってみたいという方はぜひ。
SkillHacks(スキルハックス)

人気記事現役大学生が告白!大学生がブログを始めるのをオススメする理由

人気記事WordPress(ワードプレス)の始め方【初心者でも15分で開設】